映像制作の仕事やアルバイトというと敷居が高そうなイメージがあるのではないでしょうか。


しかし、ここ数年で映像制作の作業の敷居は大きく下がりました。
専用の編集機器がなくてもパソコンと編集用のソフトウェア、ちょっと容量の大きなハードディスクがあれば誰でも作業は可能になりました。



また、最近はYouTubeにアップする動画の編集などの「テープに出力しない映像制作」といった、アルバイト感覚で出来る業務も増えてきています。特にYouTubeにアップする動画はテレビなどの映像媒体と比較してクオリティよりも納品までのスピードや、時間あたりにこなせる本数の方が重要視されることが多く、簡単に尺を詰めるたり、テロップ入れができれば十分とされるケースもあります。

最終的に映像メディアに使用する場合と異なり、ネットメディア向けの制作の場合はナレーションなし、使う素材も静止画やテロップをタイミングに合わせてポン出しするだけだったりするところもありますから、個人レベルでも十分請け負える案件も多くなっています。
以前数十万円するのが当たり前だった動画編集ソフトウェアお手頃になりました。

例えば動作が軽いことで定評のあるSonyVegasは廉価版だと1万円程度、特価の時には上位バージョンが数千円になることもあります。

また、業界のスタンダードであるAdobePremiereは以前は単品での購入が基本でしたが、今はCreativeCloudという毎月5000円程度の契約をすればPhotoshopやIllustratorとあわせて使うことが可能です。



昔は専門職的なイメージが強かった映像制作も、今はアルバイト感覚で請け負うことが出来る時代になりました。


自分でYouTuberになるのは難しくても、YouTuberを目指す人の映像制作をお手伝いする、ということならできるかもしれませんね。

NAVERまとめにおける問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

 
Copyright (C) 2016 映像制作のアルバイト All Rights Reserved.