映像求人の多くは、映像に興味のない人を求人するものです。その理由は、映像の仕事に興味のある人は非常に多いため、求人をしなくても応募してくる人が多いからです。
逆に映像求人に於いて映像に興味のある人ばかりを雇用すると、その会社は興味深い映像を作る能力には長けているが、企業としてはその経営に問題が発生してしまう確率が高くなってしまうものです。


映像の仕事は映像に興味があり、また技術もある程度持ち合わせていなければ出来ないものですが、映像を業務にして企業を運営する場合には、映像に興味のない人や営業能力に長けている人、経理の知識を持っている人などが必要になります。

しかし、これらの人は企業がどのような仕事をおこなっているかに関しては余り興味のない人が多いのです。

一般的に企業として業績を上げていくためには、本来の商品の開発のほかに、その商品を販売するための販売戦略や営業戦略が必要です。


これらの戦略は市場を冷静に分析し、商品として成り立つかどうかを判断することが必要になるのです。



この場合に商品に対する思い入れや技術に関する自負などが有ると冷静な分析ができなくなり、偏った戦略が生まれてしまう危険があります。

ジョルダンニュース!情報が様々な条件で検索可能です。

多くの映像関連の企業に於いては、映像を制作する立場の人間を求人することは少ないものです。



企業として戦力となる企画や経営、営業などの人材を求めることが多く、その為映像求人に於いては、映像に興味のない人を求人することが多いのです。

 
Copyright (C) 2016 映像求人の特徴について All Rights Reserved.