コマーシャルや映像作品を作っていく動画制作を効率良く実施していく為には、それなりの性能を持った機材を導入しておく必要があります。動画制作において必要な機材としては、ビデオカメラや音声マイク、反射板、パソコンなどが考えられます。



ビデオカメラは、市販されているビデオカメラでも4K動画やフルHD動画を撮影する事が出来るようになってきています。

日本経済新聞のことならこちらのサイトをご覧ください。

音声マイクを使えば、音を拾いやすくなり、ドラマ仕立ての動画を撮影する時に重宝します。

動画制作では、撮影をするだけでなく、映像にエフェクトを付けたり、テロップを挿入したり、カット編集をしたりといった作業もありますので、快適に動画編集が出来るパソコンやソフトウェアが必要になってきます。
パソコンは、マルチコアプロセッサと大容量メモリ、高速なSSDと大容量なHDDによって作業が快適になる環境を構築出来るようになっています。

メーカーでは、動画制作向けのパソコンを販売しているケースがありますので、制作会社は、制作する映像作品に合わせてパソコンを購入していけば良いです。



3DCGを多用した映像作品の場合、3Dモデルを生成したり、3D空間上で3Dモデルを自在に動かしたりするには、高度な演算を高速で行えるグラフィックボードとプロセッサ、大容量メモリが必須となってきます。

動画制作向けのパソコンは、そのような物を予め組み合わせて作られていますので、非常に快適な環境で作業が出来るようになっています。

 
Copyright (C) 2016 動画制作に適した機材の導入 All Rights Reserved.